ステンレス人気の理由に迫る

ステンレスキッチンの水垢対策と落とし方

ステンレスキッチンは、最初は勿論ピカピカです。 しかし、料理をしたり、時間が経過すると共に、残念ながら、 ピカピカのステンレスキッチンも、だんだん姿・形を変えてきてしまいます...。手間を惜しんで水垢対策を 怠っていると、水垢がたくさんつき、 清潔感ある艶がなくなってしまうでしょう。


水垢は、 触ると何となくヌメっとしていて、何だか不快です...。 しかし、水垢対策の方法を、十分に心得ていれば、 水垢がついてステンレスが汚く見えてしまっても、すぐに 元の状態に回復できるはずです。


いつまでも新品同様のステンレスキッチンをキープするには、毎日ほんのひと手間を かけないようにする事が大事です。

重層でも落ちない汚れこそ、水垢!

ステンレスキッチンの汚れは、基本的には、 重層を使えば、ステンレスを傷つけずに、 安全に綺麗にする事ができます。しかし、重層を使ってもとれないような頑固な汚れは、 「水垢」が正体です。


水垢は、重層でも落ちないので、 クエン酸か、お酢を水で溶き、塗るようにしてつけ、 乾いた紙などで、2~3週間つけっぱなしにしておくと、よくききます。アクリルタワシなどでこすっても、 綺麗に汚れが落ちるでしょう。

意外と知られていなかった!水垢は歯ブラシでもとれる?

キッチンの中でも、意外と汚れがたまりやすい部分は、蛇口周りです。 この部分には、 使い古した歯ブラシを使うと効果的です。 歯ブラシには、歯磨き粉も一応つけましょう。


水垢で汚れた部分を、歯ブラシでこするだけで、 簡単に綺麗になります。力もそれ程いらず、綺麗に落ちるので、 とてもおすすめです。


歯磨き粉を使うといいのは、粒子が細かいため、 ステンレスを傷つけなくて済むからです。